9/17試写会のお知らせ

| 月曜日, 8月 10th, 2009 | 1 Comment »

※こちらは締め切りました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
映画『アリ地獄のような街』特別試写会のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

詳細はこちらまで:http://unitedpeople.jp/cms/release/post_39.html

~大都市ダッカの闇。子どもがアリ地獄に飲み込まれていくリアルストーリー~

バングラデシュでストリートチルドレンの保護活動を行うNGO、エクマットラが
4年間温め続けてきた映画「アリ地獄のような街」(バングラデシュでの題名:
Je Shohor Chorabali)が完成。11月からの日本公開(上映者募集中)を前に、
9月17日東京都千代田区にて特別試写会を開催します。

*「アリ地獄のような街」http://www.arijigoku.net/
* エクマットラ http://www.ekmattra.org/

この映画はバングラデシュの首都、大都市ダッカの闇を描いた映画です。
ダッカで路上生活する子ども達の悲惨で辛い現実を伝えます。映画の収益は
エクマットラが建設中のストリートチルドレンのための自立支援センター
「エクマットラアカデミー」の建設資金となります。

───────────────────────────────────
<特別対談企画> 「なぜバングラデシュで貧困に立ち向かうのか?」(仮題)
NGOエクマットラ共同創立者 渡辺大樹 x マザーハウス 山口絵理子 対談
───────────────────────────────────

試写会では特別企画として、「途上国から世界に通用するブランドを作る」と、
バングラデシュで起業したマザーハウスの山口絵理子さんをお招きし、
エクマットラ共同創設者の渡辺大樹と対談します。

エクマットラの渡辺大樹はマザーハウスの山口絵理子さんと、山口さんが
バングラデシュに来て、語学の勉強をしていた頃からの友人です。渡辺も
「社会の格差を縮め、温度差のない社会を作りたい」「バングラデシュの
子どもたちにチャンスを与えたい」と、2002年に大学卒業後、
単身バングラデシュに渡り、NGO活動を続けてきました。

今回の対談ではほぼ同じ時期に同じようにバングラデシュにやって来た
若者2人が、どのようにして、今の事業と出会い、どんな想いで続けている
のか語ります。特に映画関係者、報道関係者、映画自主上映検討者の
皆様のご来場を歓迎します。

当選者には、9月4日に連絡予定です。

One Comment

  1. 上野 日出雄 より:

    ダッカに7年駐在しておりました。映画は勿論ですが、久々に渡辺さん始め、皆さんにお目に掛れるのを楽しみにしています。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.